前へ
次へ

不動産業界への就職や転職に役立つ人気の資格

不動産関連業の求人を見てみると、就職や転職に役立つ幾つかの資格を目にすることがあります。
たくさんある資格の中でも、不動産業界におけるニーズが最も大きいのは建築士であると言われています。
建築士にも1級、2級があり、最近では1級建築士の資格はないが2級を持っている人であっても正社員に採用されるケースが増えています。
難易度がやや高いと言われる1級建築士の資格を持っていると、一般住宅はもちろんのこと、他にも大型施設などを含め、全ての建物の設計や工事確認を行うことができます。
まさに不動産業界において需要が非常に高い資格と言えます。
不動産関連業でニーズが大きいとされる別の資格は、一般に宅建士とも呼ばれる宅地建物取引士です。
実際、宅建士の有資格者の需要は高く、空き家対策や高齢化に伴う不動産の売却など、住宅の取引は今後も増える一方であると予想されています。
不動産関連の仕事に就きたいと思っているなら、これらの資格を取得するよう励むことができます。

Page Top